--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『素直になれなくて』第2話 感想ガッツリ書きました。

2010年05月03日 23:06

今日の北関東は風が強くも、いいお天気でしたね。

0503
「お出かけしましょっ」

そんななか一日引き籠っていたエミシですこんばんは皆さん。



さて、本当に今更なんですが、
『素直になれなくて』第2話見ましたのでガッツリ感想を。


==================================================================

◆『素直になれなくて』 第2話感想◆

総括:
ジェジュン×妹×にんじん=(゚д゚)ウマー


0503
「えいえい


※以下感想の詳細です※

ヲタ目線:85点。

まずヲタからすると、
JJの出番多いしアップ多いしニンジン口に突っ込まれるしで、
わりとニヤニヤな1時間でした。
ジェジュンのお肌のきれいさとかシャツの着こなしとかしゃべり方とか、
とにかくJJが可愛くてたまらん。
JJペンの私じゃなくてもそうなんだから、
ペンの皆はさぞやテンション上がった↑↑↑ことでしょう。
ニンジンシーンは思わず巻き戻しして見てしまい、
ダンナさんに呆れられたがノープロブレム。ノープロブレム。

もう一度どうぞ(笑)↓
0503
「ンぐぐぐ・・・」



批評目線:55点。

しかしながら木曜22時ドラマっていう視点で見てみると、
辛口かもしれないが不自然さが目立ったという気がしてならない。

不自然さっていうのをもう少し詳しく言うと、
その人物がなぜそういう行動をとったのか? が微妙に謎なのだ。
行動と感情・性格の因果関係がつかめず、
感情移入しにくい感じ、と言えば伝わるだろうか。
(例:なぜハルはあんなに「素直になれない」のか?
   なぜピーち(←時トメ並みに変換しずらっ)が不倫相手にイヤミ言われた程度で(狂言?)自殺を図るのか? 他)

もし謎なら謎で徹底して謎にしちゃってくれれば
まだいいのだが、少しずつ個人の事情を説明しているせいで、
なんだか中途半端なのだ。
個人的には、女性が共感しやすいように
主人公のハルの、素直になれない性格の理由や事情をより詳しく描写。
あとは別の回で一人ひとり掘り下げたほうが、まだいいと思うんですが。

登場人物を多くしてしまったんだから、
ある程度切るトコは切っていかないと、
どういう路線のドラマで、何が言いたいドラマなのかあやふやですよ、と苦言を呈したいっす。

次回へのストーリー的な期待が
「やっべー。ナカジ好きっていうの聞かれちゃったかもしんないけど、どうしよう・・・!」
だけじゃ・・・ね。少し寂しいんじゃないですか? フジテレビさん。

そもそも、ハルに、
「ナカジのこと、好きだったのに」をあえて声に出して言わせる理由も、
ストーリーご都合主義のように見えてしまう。
ハルは「ナカジが好きだった」と、誰もいない駅の構内で呟くような女なのか?
いや、どう考えても『素直じゃない』設定なんだから、言わないだろう。
(てか普通、駅で独り言を言わないよ。)
自然な暴露を想定するなら、ハルがツィで別アカウント作って、そこで呟いたのを
たまたまナカジが「え? これオレのこと?」って気付くとか。
もっともっとベロベロに酔っぱらって悔し紛れに叫ぶ、とか。
キャラと行動に説得力がないと、見てる方はしらけちゃう。

つまり、やっぱり性格と行動が一致せず、不自然なんです。
北川センセの中で、2話目の時点では、まだキャラが確立してないってことでしょうかね。
(でも、JJのドクは自然に見られるな。
 ドクはキャラ確立してる気がする。
 JJフィルターかかっちゃってるから分からんけど><)


まあ、まだ2回目です。
回を重ねるごとに、
それぞれの過去や行動理由もわかってきて、キャラがそれぞれ生きてきて、
方向性も安定して、ドラマご都合主義も減って、
(毎回見せ場を作らなきゃいけない分、ご都合主義も多少はやむをえないと思う、実際。)
少しずつ見応えのあるドラマになってくるのかな? に期待したいです。

==================================================================


第3話感想は見終わったら続けてアップしますね~。

では本日はこの辺で。
アデュ~


↓ランキング参加しています。応援のワンクリック、励みになりますっ^^

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。