--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格分析 ジェジュン編

2010年05月20日 00:52

※当記事は、管理人の個人的な見解であり、各メンバーに対する断定や、事実ではございません※
※「へ~」程度にお考えいただける方のみ、閲覧をお勧め致します※





性格分析 ジェジュン編
0519


えーと。


JJさんの例の熱愛報道。まあ健康男子ですからね。
雑誌も売り上げは大切ですからね。
とりあえずに病気にだけは気をつけてほしいエミシです、こんばんは。


話は変わって、ズンスの「Intoxication」メイキング、つべに上がってましたね~。
見ましたか?
ジュンス一生懸命だったわ。そして、たくさんの大人がからんでた。
ま、ジュンスについては次回の性格判断でまた詳しく述べます。(また語るんかい)


と、いうわけで、予告通り!


今日の性格判断は、東方神起のビジュアルショック、
筋肉オトメンのヨンウンさんです!!



ジェジュンって、ただキレイでカッコいいだけのメンじゃないのよね。
その魅力はどこにあるのか? 
エニアグラムを通じた性格判断から迫ります
※あくまでも個人的な見解です※
  ⇒初めての方はコチラから:性格判断 ユノユノ編
   


ヒーロー・ジェジュン 「善意の人」(タイプ2)

0519


■プラス面

寛大で気前が良い
仲間意識が強い
人を勇気づける
すぐに人と馴染む
人が求めていることに敏感
すぐに相手を理解できる
人の面倒見が良い
ユーモアのセンスがある
心が広くて温かい
行動力がある
気配りができる
順応性がある。勘が鋭い
献身的な態度



■問題点

人から頼まれたときに断れないところ。
常に自分の評価を低く採点している。
人の為に働くのですが、他人から同じようなことをしてもらえると望んでしまい、それが叶わない時にダメージを受ける。
思いやりをもって接していこうとする気持ちが強くなりすぎると自分の本当の感情が分からなくなってしまう。




どうです?



人の感情に敏感で、人がして欲しいことをして、
だけどそれが報われないと少し拗ねたりして・・・って、それジェジュンじゃん。

0519
このようにアシスタントソンスは全面に出てきます。
アシスタントじゃないんかい!! 白タンク着て最早ソンスの面影ゼロだし
いやそんなアナタが大好きです



よくジェジュンは東方神起のお母さんと言われますけど、
まさに2番は、お母さん的役割を果たす性格。


きっとジェジュン、ほんとーに誰より、みんなと暮らすのが大好きだったんじゃないかな。


タイプ2にとっては、相手に尽くしてそれを評価されることが喜びだから、
料理したり、あーんしたり※下記↓オルアバ3参照、ユノの服についた糸とってあげたり、
微笑ましい母&ヨジャ的立ち位置に、本人もたいへんご満悦だったんじゃなかろーかね。
メンバーも、そんなJJをウザがらずに(あっ・・・チャンミンは・・・)、JJに感謝してたと思うし。

0519 0519
あーん                           あーん

0519 0519
あーん(ゆちょの顔・・・)                 あーん あージュンスかわいい


JJも近年は、時折見せる寂しい表情の頻度が減った気がする。
皆を信頼することができて、信頼されて、きっと落ち着いたんだろうな。


センターでありながら、ここぞというときJJがでしゃばりすぎないのも、こういう性格だからなんでしょうね(好感)


優しくて、温かい人柄。
世話やきさんで、いつも前向き。


こんなにイケメンなのに、こんなアイドル、いままでいた?


0519


これからもその女子力(と筋肉)で私たちを虜にしてください。
















そうそう。


あと、ユンジェね。


このカポー、私の中で鉄板なんですけどね。

ユノ=タイプ1、JJ=タイプ2 説が当たっていたとしましょう。
タイプ1と2は、お隣同士の性格なんですよ。
エニアグラムでは、隣のタイプの人間同士は、言葉で言わなくても何か分かり合えてしまう、としています。

0519
JJ:「ボクたちお互いのコトよーく知ってます!!」
ユノ氏:「・・・」(よく分からないけどジェジュンが隣にいるからウレシイな)


やっぱユンジェさいこーっす





「ボクのこと・・・好きですよね?」


↑ランキングボタンです。この目~~っ!!あっ、スナナレ見ないと!!

◆当記事は主にコチラ↓のサイトさんを参考に作成しました(※リンクフリーだそうです)
 「コーチングで今から変わる!」
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。