--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格分析 ユチョン編

2010年05月22日 00:01

※当記事は、管理人の個人的な見解であり、各メンバーに対する断定や、事実ではございません※
※「へ~」程度にお考えいただける方のみ、閲覧をお勧め致します※





性格分析 ユチョン編
0520
「ぼくの愛を、きみに見せたい。」


さて。
ユチョンさんですよ。


一般人に写真を見せると、
「他の人は分かるけど、なんでこの人東方神起?」の指さす先には、いつもゆちょなが・・・!!(泣)

0520


ええ、ごめんなさい。
トンペン若葉マーク時代、私もそう思ってました。


だけどいつしか目覚めるの。


ハマったら抜け出せない、そうそれがミッキー・ユチョン。


ユチョンについて、今日もエニアグラムから迫ります。



ミッキー・ユチョン 感性の人(タイプ4)

0520

■プラス面

創造的でユニーク
ロマンチスト
洞察力が鋭い
感受性が強い
繊細で独創的
同情心に厚い
芸術家のセンスがある
優雅で文学的
深いところで感情を味わう能力がある
周囲の人達の感情に敏感
他人の痛みを理解できる


■問題点

好き・嫌いがはっきりしていて嫌いな人と喋るのが苦手。
相手から高圧的な態度を取られたら、感情のコントロールがきかなくなり、ネガティブになってしまう。
感情的な振幅が大きく組織のメンバーにとって予測できない行動をとり、他人を戸惑わせる。気分屋で芝居がかった行動を取る。
時として何か喪失感のようなものがあり、悲観的な気分に流され、希望を失ってしまう。
納得しないとエンジンがかからない。



どうでしょうか。


ユチョンぽいなあ、と自分で打ってて思いました。


なにかすっぽりハマりすぎてて、特に追記をする必要を感じない(笑)


というわけで





(完)


・・・うそです。語らせてください。


ユチョンの魅力。
やっぱそれは見た目だけではなくて、その透き通ったガラスのような魂だと、私は思います。
なにか儚くて、危ない。近寄って強引に触れたら、壊れてしまいそうな感じ。
それでいて妖しい魅力を放つんです。「ボクに近寄ってごらん」・・・って。


寂しそうな目をしているユチョンがそこにいたら、楽しい気持ちにさせてあげたくなる。
もしユチョンがにっこり笑ってくれたら、とてつもなく幸せな気持ちになると思いませんか?


でも彼はきっと、気まぐれなんです。
猫みたいに。
さっきまでユーモアたっぷりの彼でいたのに、ふとしたキッカケで
「どうせ俺の何が分かる? 一人にしてくれ」なんて冷たく言われそう。
でもそんな風に拒絶しておきながら、自分の台詞にも傷ついて、悲しんだりする。
そして悲しみに浸る自分が、好きだったりもするんです。


うーん、めんどくさいヤツだ。
だけどそこが堪らない魅力なんだから、ホントやっかいだ。


さてそんなユチョンですけど、彼にとって救いになる、目指すべき人は、すぐ身近にいました。
ユノです。

0520
(2Uぅぅぅぅ!!)

ふと喪失感を感じたり、マイナスな感情に流されやすいユチョンにとっては、
時間を惜しまず努力し、一生懸命に頑張るユノユノの姿がすごくカッコよく見えたに違いない。
(ユノはユノで、ユチョン大好きだしね!)


前にユンジェはお隣同士のタイプで分かりあえる、と言いましたけど、
ユノとユチョンも、深いところで理解しあえる関係に位置してるんです。(深い説明は省く)
きっとお互いがお互いを、心の奥底で、尊敬し合ってたんだと思います。
 ゆちょ→ユノヒョンって頑張ってて、エライなあ。
 ユノ→ユチョンは感性が鋭くて、うらやましいなあ。芸術家だなあ。俺には難しいな。すごいなあ。
 ※あくまでわたしの個人的分析かつ願望で事実に即したものではございません。


ユチョン。


純粋で、真に心のやさしい人。
孤独じゃないよ。みんながいるから。


0520
あードラマ楽しみ!!


さー次回、「シリーズ・性格分析」のトリは東方神起のブラックマンネ・最強チャンミン!!
ついにこのブログ初のちゃみ記事! あーやっと書ける^^
チャンミンと東方神起とは? 東方神起とチャンミンとは?
ついに明日、暴かれる!!・・・かもしれません。

P.S.ユチョンの好きな画像ありすぎて選ぶの大変だった。も~それぐらい好き!!ばか!!






↓やっぱゆちょってかわゆすですランキングボタン。


「ボクだって最近努力してるもんね」痩せる努力は?

◆当記事は主にコチラ↓のサイトさんを参考に作成しました(※リンクフリーだそうです)
 「コーチングで今から変わる!」

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。