--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日来てくれたあなたとだけ、こっそり共有したい、今の気持ち。

2010年05月27日 01:16

こんばんは、エミシです。

本日はテキストのみ。
韓国のサイトで裁判官への嘆願書の署名活動をしており、その内容に触発されて、発作的に書いています。
よろしければ、お付き合いください。




中学生のころ、漫画のキャラクターが好きでした。


笑われるかもしれないけど、夢中という言葉がぴったりでした。


歳をとって、大人になり、何をしてもそれほど深みにハマることはなくなりました。


でも、1年半ほど前、ふと見たバラエティ番組で、彼らの魅力に気付きました。


心を奪われる、そういう表現が相応しいくらい、彼らにハマりました。


そしたらすぐに、悲しいニュースが飛び込んできました。


好きな方、ごめんなさい。「stand by U」。この曲、正直今でも楽しんで聞く気持ちにはなれません。


なんだかやりきれなくて、友達と愚痴を言い合ったり、ネットでいろんな方の意見を読みました。


「東方神起ダイエット」そんな言葉を冗談で使いました。




最近、ふと考えたこと。


「カシちゃんたちは、どう思ってるのかな」


もちろん韓国にも大勢ファンがいるわけで、カシちゃんなんて言葉でひとくくりにはできないけど、世論として、どうなのかな、と。


実はいまさっき、韓国のサイトで裁判官への嘆願書の署名活動をしていたというのを、初めて知りました。


内容は、東方神起の復活のため、円満和解に繋がる判決を求めるというもの。


3つのサイトが便宜上同じページで署名活動をしており、その内容を日本語で読むこともできます。(コチラ
※署名受付が26日締め切りらしいので、閉鎖されていたら申し訳ございません


3つのサイトがそれぞれ主張することは異なりますが、おおまかな主旨は一緒。

 
  東方神起として今後活動を再開できるように、
  3人に、和解に向けて話し合いのテーブルについて欲しい



「個別の契約を結んでもいいですよ」という仮処分判決をいいことに、和解に向けての話し合いに3人が消極的であることが指摘されていました。


今見たところ、嘆願書HPへの訪問者は、日本人が多いようです。
 日本=17,139人
 韓国=7,191人
 中国=5,965人 となってますもん。※5月27日0:29現在
よって、この嘆願書の内容が、カシちゃんたちの総意と受け止めるのは、尚早ですね。
カシちゃんにも、こういう考えをしている方がいる、と思ったほうが良い気がします。


では5人は?


ユノは? チャンミンは? ジェジュンは? ユチョンは? ジュンスは?


どう思っているのだろう。




活動休止が発表されたとき、ブログに書きました。


「説明して欲しい」って。彼らの口から、せめて松浦社長から。


だけど月日は経って、ジェジュンのドラマが始まって、各自で雑誌に載ったりして、ジュンスのソロシングルのプロモーションが始まって、・・・忘れていました。


説明を求める気持ちを。


説明されず、ただ芸能活動が落ちてくる


そういう状況に、慣れてしまっていたことに、気付きました。




以前から言っていたように、私は、まだ5人を応援するつもりです。


このブログも、(特にお笑いの方面からで邪道ではありますが)彼らを応援する仲間同士、楽しめたらな、という気持ちで始めました。


けれど、韓国の嘆願書を見て、彼らの応援の必死さに、なんだか衝撃を受けました。


それから、韓国の嘆願書は5人に戻ることを最終目標として動いてはいるけれど、
結局彼らの気持ちはどうなのか、という、この問題の原点に、再度、立ち返る気持ちになりました。


はっきりしてほしい! もう。


答えがあれば、新しい方に切り替えられる準備はできてる。どっちに転んでもね。




以上、本日ほぼ愚痴です。


楽しい記事を期待されてた方(1人くらいはいる?)、期待に添えず、すみません。


この気持ちを、誰かと共有したくて、書きました。


コメントなど入れていただければ、嬉しいです。





↑ランキング参加中。おじさんが教えてくれたらいいのにな!!!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。